平田光徳税理士事務所

福岡市城南区七隈 七隈線福大前駅・城南警察署そば城南区・早良区等地域密着型税理士

070-8346-1188(営業電話お断り)

受付時間 平日9:00-17:30

フリクションで書いた文字を消そうとレンチンするのは燃える恐れがあって危険

計算練習はフリクションを使っていました

繰り返し解く時の計算の問題用紙や解答用紙を印刷したり、コピーしたり、(シャーペンで書いたとして)消しゴムで文字を消したりって時間の無駄ですよね。私はそう思ってPILOTの発売する消せるボールペンのフリクションで計算問題を解いて加熱して消していた時期がありました。(なおフリクションは税理士試験本番では使えないです)。

加熱しすぎの火事に注意

フリクションの正しい消し方はペンのお尻についているラバーでこする方法です。しかし、すべてこすると時間がかかります。フリクションで書いた文字は60度以上になるとインクが消えるので、加熱すれば消えます。フリクションを消すために加熱する方法をこれまでネットや口コミ、雑誌の紹介などで見たものだと、電子レンジで加熱する、アイロンをかける、ドライヤーをあてる、電気ストーブにかざすなどを見ました。これらの方法で確かに消えます。しかし重要な危険性を指摘していない紹介が多いです。紙なので加熱しすぎれば燃えます。新聞紙だと290度、一般の紙だと450度くらいが発火点だそうです。先ほどあげた方法の中でも長時間やると発火点に達します。下の写真は私が電子レンジに入れて消そうとした時に、やりすぎて焦げたものです。驚いたのはこの焦げはレンジの中ではなく、レンジから出したときにできたものです。レンジから出した後でも紙の温度が上昇したものと思われます。

消えるからといって紙を加熱しすぎるのは燃える恐れがあり危険です。2016年に有名ユーチューバーが電子レンジでノートをチンしたら文字全部消えて無限に使えるという内容でアップした動画を子供が鉛筆で書いた文字でもできると思って、ノートを黒焦げにしてしまったことで、このユーチューバーが謝罪に追い込まれました。当記事は注意喚起で紹介いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • アクセス

  • 詳細なアクセス方法はこちらから

  • 814-0133 福岡市城南区七隈7丁目38番15号レジデンス和光111号室 (建物正面より右側)

  • 城南警察署の裏側(西側)です。

    地下鉄 七隈線福大前駅2番出口より徒歩4分又は七隈駅2番出口より徒歩5分 
    西鉄バス 七隈七丁目より徒歩3分又は福大正門前より徒歩5分
    お車 事務所前駐車場をご利用できます。ご利用される場合は事前にご連絡ください。

  • お問い合わせ

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • freeeアドバイザーページへ

    freeeアドバイザーページへ

  • PVアクセスランキング にほんブログ村

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

    にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ